講師紹介

By 2013年5月5日未分類

山本 幸夫 (やまもとゆきお)

昭和26年3月25日生まれ

講師経歴

■昭和48年  香川大学農学部 中退

■昭和54年  大阪歯科大学 卒業

■同年    滋賀医科大学 歯科口腔外科勤務

■昭和57年  茨木市にて開業、現在に至る

■平成4年  歯科器材輸入販売業「DENTRADE」を設立する。

■平成11年  シンガポール支社「DENTRADE INTERNATIONAL」を開設。

■平成14年 輸入代行業社「アイランド トレーディング」の開設支援し、平成16年、役員に就任する。


◎ A.D.I.(Academy Dentistry International)の、元国際理事日本の代表理事として本部の役員会に出席し、USA、シンガポール、台湾、マレーシア、フィリピン、ベトナム、香港、タイ、韓国などで学会を開催する。

◎ JDM(JAPAN DENTAL MISSION in Southern Pacific)元副会長、1990年よりバヌアツ共和国、フィリピン共和国、マーシャルアイランドにて歯科医療ボランティア活動に参加する。2004年に退会する。

◎ 大阪府歯科医師会 国際渉外室員、大阪府歯科医師会雑誌に海外レポートを掲載している。

◎ 漂白に関するプロフィール

・1995年、ULTRA DENT社のFISCHER社長よりホームブリーチング法についての情報・手技を伝授され、自らホームブリーチングを実践するとともに、知人のDr.にブリーチング剤の購入方法や使用方法を紹介していく。当時はオパールエッセンスを使用するが、現在は自社ブランドのDENTRADEを使用している。

・入江雄一郎先生とともに、1998年にI.C.D.I(International Cosmetic Dentistry Institute 国際審美歯科研究会)を設立し、国内においてセミナー活動を開始する。(2001年10月~2005年10月までの間に50回の講演を行っている。)

また、アジア各国に漂白法を普及していくことを目的として、米国ロマリンダ大学のDUNN教授やシンガポールのDr.YIP(F.D.I.のコンサルタント並びにA.D.I.現副会長)と交流を深めながら審美漂白の研究を進めて行く。2002年1月、シンガポールの国際セミナーや、同年9月、インドネシアにおけるFDI関連学会に講師として招かれる。また、2005年5月、台湾の照射器メーカーに依頼され、同所にてセミナーを開催する。同年8月、シンガポール歯科学雑誌に記事を掲載される。